人生を捧げたものを癒す

人生を捧げたものを癒す

※先日のウォーキング&モーニングにて、カモミールティーにミルクで優しいお味に癒されました☕️

Facebookをほとんどやめてから流れてくる情報はかなり減ったけれど、必要なものは入ってくるし、会うべき人には会えるものだなぁ。

先日MEHIさんが不定期でされている遠隔のヒーリングワークに参加しました。

テーマが「人生を捧げたものを癒す」

壮大です✨

なんとなく気になっていて、そのままにしていてもまた目についたり流れてきたり。

自分にとって人生を捧げたものって何だろう?と考えてみたらわたしにとっては養生サロンsarisayaとしての表現できる場所づくりに人生を捧げた笑(そこまで壮大ではないけれど)といってもいいんじゃないかなと。

そしてそれを一旦終わらせようとしている時期なので、わたしはその捧げてきたものに対して癒しが必要なんだわと思い参加希望の連絡をしました。

ワーク中は特に何をしなければならないわけではなくて、普段通りに過ごしたり時間帯が深夜のことが多いのでわたしはいつも寝てしまっています。

寝ている状態の方が潜在意識につながりやすいのと、夢でみる情報がヒントやアドバイスになることが今まで多かったのでワークの前はどんな夢かなぁとちょっとワクワクします。

といっても起きたら夢の内容忘れてしまっていることもあるのですが、ワーク後にMEHIさんが受け取ったことばをシェアしてくれるのでそれを何度も読み返しながら、自分の中で思い起こされる感情や変化していく感覚を味わっています。

今回のワークの情報はこちらでした。

https://note.mu/mehi8888/n/n9aa64a03d8fa

わたしの先には未知の可能性がある

でも完全な未知ではなく、わたしが何故か知っている道筋の上にそれはあるのかもしれない。

といった内容にふむふむ。となりながら

循環させる人

ギブ&ギブ

といったことばが思い浮かびました。

新月や満月のタイミングなどで不定期に遠隔ヒーリングワークを開催されています。

上記のリンク先でも案内があると思うので興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事

  1. ラッキースポット

  2. ぼくたちはなにで出来ているのか禅寺トークライブ@無量寺

  3. 閉店に向けて

  4. sarisayaについての箇条書き

  5. 手続きの確認やSALEなどなど

  6. さりとてさらさら さやかにながる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sarisaya

兵庫県丹波市生まれ

日本語教師としてタイで2年間過ごしたのち、リラクゼーション店舗運営、図書館司書、ネットショップ事務を経てセラピストに。薬草生薬を使ったナチュラルケアや体質体調に合わせた養生茶でこころとからだをいたわる養生サロンを6年間運営。2019年11月からは大阪にて養生生活や日々のイラスト、ことば、写真、タイ語学習、薬膳など次のステップに向けての種まき始めます🌱