アルバムを引っ張り出して

先生が他界されたそうだよ。

と、連絡があってタイ派遣の同期が久しぶりにみんな集まって連絡を取り合った。それぞれ各地に散らばっているので参列も出来そうにないから弔電を送ることに。

アルバムを引っ張り出して先生と写った数枚の写真をぼんやりながめて、みんないい笑顔してるなぁとそのときの珍事件を思い出して笑った。

南の島へ一緒に旅行した時と数年前の同窓会と。

私にとっての恩師と呼べる先生。

会った回数はよくよく考えると数回。きっと、その一回一回が密度が濃かったんだろうなぁ。

先生、ありがとうございました。

関連記事

  1. コワーキングスペースcomado@いなかの窓

  2. さとやまリトリート

  3. さとやまリトリート「開花」2018夏@笛路村

  4. 4/7-8 さとやまリトリート@笛路村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sarisaya

兵庫県丹波市生まれ

日本語教師としてタイで2年間過ごしたのち、リラクゼーション店舗運営、図書館司書、ネットショップ事務を経てセラピストに。薬草生薬を使ったナチュラルケアや体質体調に合わせた養生茶でこころとからだをいたわる養生サロンを6年間運営。閉店後はしばし大阪にて養生期間にはいり、次は海の見える街神戸へと。薬草のある暮らしを楽しむ養生茶論(yojyo salon)としてぼとぼち活動を始めます。