さとやまリトリート「開花」2018夏@笛路村

さとやまリトリート
7月14日、15日
自然に還る二日間
山南町笛路村で過ごしてきました。

1日目
さとやま散策

小川の冷たい水に足をつけると連日の酷暑


からだにたまった熱がすぅーっとぬけていく心地よさ。


水に足をつけたまま自己紹介と
天と地をつなぐグラウンディングのポーズで呼吸を整えました。

そのあとぐんと伸びる木々の根っこに腰かけてMEHIさんの自然の声を聴くイメージワーク。
それぞれに浮かんだ言葉やイメージをシェア。

花乃屋に戻って
夏の疲れに養生セルフケア
足裏の反射区を刺激する台湾式リフレクソロジーをみんなで体験しました。

お昼ご飯はおにぎりとお味噌汁
笛路村でとれたお米と野菜

よもぎエキスと酵素風呂の酵素を混ぜ、よもぎの煮出し汁を足して泥パック

足と手につけて温か泥パックを楽しんだら
裏の川で洗い流す。

午後はじんわり温熱療法コース

酵素風呂かよもぎ蒸しを選んでもらいました。

その前後には整体やよもぎオイルを使ったリフレクソロジー、リーディングなども体験できるこころとからだをじっくり整える時間

温熱療法やリフレクソロジーをするとお腹がすきます!

晩御飯はスパイシーナイト主宰でもある中西さんによるカレー、笛路村野菜トッピング

お腹が満たされたらからだカフェ
こころとからだ今気になっていることについてそれぞれに語り合う時間
今回のテーマ「開花」「手放す」などからリーディングも交えながら深く探っていきました。

2日目

早朝ヨガ
ことりのさえずりを聞きながら
からだが少しずつ少しずつゆるんでいく心地よさ。

朝御飯は黒豆ご飯とお味噌汁

そのあとはまたじんわり温熱療法コース
ゆったりとおばあちゃんの家で過ごす夏休みのような時間。

お昼ご飯は
野菜のっけ丼

こころとからだに心地よく向き合う

安心してこころを開く

満たされた2日間でした。

次回開催は秋でしょうか?また決まりましたらご案内いたしますね。

2日目に参加してくれた地域おこし協力隊のゆかちゃんが体験レポも書いてくれてます。こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

http://happinessmarket.jp/blog/post-8536/

関連記事

  1. ◆よもぎ蒸し

  2. おうちで笹蒸し🌿

  3. ◆sarisaya 養生茶ネットショップ

  4. よもぎオイル作ってみました!

  5. ルーシーダットンって?

  6. 4/7-8 さとやまリトリート@笛路村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sarisaya

兵庫県丹波市生まれ

日本語教師としてタイで2年間過ごしたのち、リラクゼーション店舗運営、図書館司書、ネットショップ事務を経てセラピストに。薬草生薬を使ったナチュラルケアや体質体調に合わせた養生茶でこころとからだをいたわる養生サロンを6年間運営。閉店後はしばし大阪にて養生期間にはいり、次は海の見える街神戸へと。薬草のある暮らしを楽しむ養生茶論(yojyo salon)としてぼとぼち活動を始めます。