SEN と LOM

タイ古式ではからだのなかをSENというエネルギーラインが通っている(中医学の経絡のようなもの)と考えられ、
そのSENをLOM(風)が通り巡るとされています。

風が滞ったところが不調となるので
押したりひねったり伸ばしたりして
滞りを取り去り、風をバランスよく
整えていきます。
ストレッチを多用した手技が特徴の
タイ古式は「二人でするヨーガ」や
「世界一気持ちいいマッサージ」と
称されています。

もうひとつの特徴は足先から施術が
始まること。
肩がー腰がー!という場合でも
足先から順に頭の方へと進んで行きます。

重要なSENが脚に多くあるので
この部分をしっかりじっくりとすると
肩や腰を直接さわらなくても
楽になることも多いのです。

全身が整うので終わったあとの
ふぅっという爽快感がわたしは好きです。

上のような感じでー、
太ももの裏をほぐすと腰が楽になります。
固くなった股関節もしっかりゆるめます。


普段使わない筋肉をぐいーんと伸ばすと全身すっきり。

オープン当初に撮った写真なので
そろそろ施術風景新しいのに
しないとですね!

関連記事

  1. 香りの記憶

  2. 産前産後によもぎ蒸し

  3. 慈悲喜捨の瞑想~喜~

  4. 和食風水®️で運気アップ!

  5. 5月のルーシーダットン

  6. 握ったものを手放せば

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sarisaya

兵庫県丹波市生まれ

日本語教師としてタイで2年間過ごしたのち、リラクゼーション店舗運営、図書館司書、ネットショップ事務を経てセラピストに。薬草生薬を使ったナチュラルケアや体質体調に合わせた養生茶でこころとからだをいたわる養生サロンを6年間運営。閉店後はしばし大阪にて養生期間にはいり、次は海の見える街神戸へと。薬草のある暮らしを楽しむ養生茶論(yojyo salon)としてぼとぼち活動を始めます。