今年の柚子茶

今年は実家の柚子も豊作とのことで10個ほどもらってきました!

今年は氷砂糖と蜂蜜でつけることに。毎年やり方が違うけどそれなりに美味しくできるのでまぁ良いでしょう。

半分に切って種を取り出す。

柚子収穫時に棘でやられたところに果汁が染みて染みて…ひたすらにタネをとり続け

実を外してゆく。

皮を切ってゆく。

黙々と切り続けボール一杯になりました。

去年は確か冷凍したよなと思い出し皮と実を一晩冷凍庫へ。

翌日解凍したら、氷砂糖で重ねてつけてゆきます。

今年は去年の倍量作れました。上から蜂蜜で蓋をして1週間寝かせます。

1瓶はブレンダーで細かくしてから煮詰めて柚子ジャムにしてみました。ほろ苦い甘さ。ジャムの柚子茶と皮のある柚子茶だと私は皮ありの方がスッキリしてて好きかな。

ジャムはクリームチーズと一緒にサンドイッチにしたり、バナナのスパイスケーキに混ぜたりして消費中。

柚子茶もちびちび飲んでます。柚子の恵みに感謝。

去年、庭に植えたレモンの木も早く実をつけて収穫できますように🍋

関連記事

  1. 春を探しに

  2. 丹波の山の幸に学ぶ 春の山野草収穫実食ワークショップ

  3. さとやまリトリート

  4. Japan Coffee Festival 2019(丹波市…

  5. 笛路村でよもぎ摘み

  6. よもぎエキスを作ってみました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sarisaya

兵庫県丹波市生まれ

日本語教師としてタイで2年間過ごしたのち、リラクゼーション店舗運営、図書館司書、ネットショップ事務を経てセラピストに。薬草生薬を使ったナチュラルケアや体質体調に合わせた養生茶でこころとからだをいたわる養生サロンを6年間運営。閉店後はしばし大阪にて養生期間にはいり、次は海の見える街神戸へと。薬草のある暮らしを楽しむ養生茶論(yojyo salon)としてぼとぼち活動を始めます。