ハーブボールの癒し〜待機期間〜

実家からハーブボールと蒸し器を持ち帰ってきました!(帰るたびに何かしら持ち帰り大荷物になるので苦笑いされています。)

しばらくして、自宅待機になったので、ここぞとばかりにハーブボールを蒸して薬草の蒸気で部屋を浄化すること1週間。温熱で首、肩、耳、頭をじっくりマッサージ。これがかなり良いセルフメンテナンスと、ストレスの緩和につながったとおもいます。そのおかげか家庭内感染になることなく無事に過ごせました。持って帰ってきてて本当によかった!

自宅待機中かなり助かったのは近所のスーパーがやっていたネットスーパー。受付時間に間に合えば当日配達も可能で、急なことだったので買い置きだけでは対処できなかったのが、こちらのネットスーパーで食料確保できてかなり安心できました。濃厚接触者は必要な買い物であればなるべく人がいない時間帯に短時間で外出OKとのことでしたが、なんとなく気が引けたのでネットスーパーを利用できてよかったです。置き配にも丁寧に対応してくださいました。

今回あってよかった、これからも備蓄しようと思ったものは、

①使い捨てビニール手袋

②消毒液

③予備の体温計

④ペーパータオル

⑤風邪薬

このあたりでしょうか。実際なってみると普段備蓄していた分では全然足りなかったので追加でポチりまくりました。今回は早く届いてよかったですが、そうじゃない場合もあるのでなるべく備蓄はしておこうと思います。

手拭きタオルや歯磨き粉、普段何気なく共有してますが感染症対策としてはNGというのも今回学んだこと。歯磨き粉は手の甲に出して使うと良いのだそうです。

緊急の場合の病院も普段からかかりつけ医を持つことの大切さがわかったり、いろいろ調べていたら今は『ファストドクター』というアプリから休日夜間対応の往診、検査と薬も出してもらえるサービスがあることも知りました。今回は利用することはなかったですが、もしもの時はかなり助かりそうなのでダウンロード&登録をしました。

消毒液で部屋中を除菌除菌の毎日でしたが、その中でハーブボールの癒しの香りやお香をたくことでこころをふっと緩めることができました。

いつ誰がなってもおかしくない状況で、今回のことでやはり事前にいろいろと情報を集めたり準備、備蓄しておくことでいざという時に焦らずやるべきことが見通せる余裕につながると思いました。

待機期間が終わってから最近、やっと少し落ち着いてきました。が、ストレスはちらほら顔を出してくるのでよもぎ蒸しで蒸されたりと香りの癒しでリフレッシュしています。

関連記事

  1. 冷えとりに腹巻きとレッグウォーマーを

  2. さとやまリトリート

  3. Asian healing sarisaya

  4. 終わりは始まり ~お知らせ~

  5. SpaceMでチネイザン体験!@神戸摩耶

  6. 酵素入浴剤で春のデトックス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sarisaya

兵庫県丹波市生まれ

日本語教師としてタイで2年間過ごしたのち、リラクゼーション店舗運営、図書館司書、ネットショップ事務を経てセラピストに。薬草生薬を使ったナチュラルケアや体質体調に合わせた養生茶でこころとからだをいたわる養生サロンを6年間運営。閉店後はしばし大阪にて養生期間にはいり、次は海の見える街神戸へと。薬草のある暮らしを楽しむ養生茶論(yojyo salon)としてぼとぼち活動を始めます。